ピストバイク(自転車)にはねられた場合、相手の賠償責任保険は使えるのでしょうか? - お役立ち情報 - 保険相談 見直し.jp - 山梨

HOME > お役立ち情報 > ピストバイク(自転車)にはねられた場合、相手の賠償責任保険は使えるのでしょうか?

お役立ち情報

ピストバイク(自転車)にはねられた場合、相手の賠償責任保険は使えるのでしょうか?

2011年09月30日

【ご質問】

ノーブレーキピストバイク(自転車)にはねられた場合、相手が入っている賠償責任保険は使えるのでしょうか?ブレーキを付けないで走る行為は故意とみなされ保険が出ないということはありませんか?

【ご回答】

ノーブレーキピストバイク(ブレーキ機構が付いていない自転車)の事故が多発しており警察も取り締まりを強化しているという報道がありました。

一般的には自転車を運転されていた方が法律上の賠償責任が発生した場合(不法行為であれば)道路交通法上違法の車両であっても保険は有責であり保険は出ます。

ただし、保険を引き受ける際に保険会社や保険代理店が違法な自転車等を所有していることが事前に分かっていれば当然ながら保険の引き受けは拒否をされます。

いずれにしても違法なものには乗らないのが一番ですしブレーキや保安部品をしっかりと付けて安全に快適に乗りたいものですね。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ