火災保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.jp - 山梨

HOME > 目的別保険相談 > 火災保険に加入しているのですが、ひったくりの被害にあった場合に補償してもらえますか?

火災保険の保険金請求

火災保険に加入しているのですが、ひったくりの被害にあった場合に補償してもらえますか?

2019年01月16日

【ご相談事例】

先日、友人がひったくりの被害にあい、加入している火災保険から補償してもらったそうです。
私も火災保険に加入しているのですが、同様の被害にあった場合には補償してもらえますか。

【ご回答】

火災保険にはさまざまな特約を付けることができます。

今回、友人の方はひったくりの被害にあい、損害を火災保険から補償してもらったとのことですので、火災保険に「携行品損害特約」がついていたと思われます。

そのため、ご自身が加入している火災保険に「携行品損害特約」がついていなければ、ひったくりの被害は補償してもらえません。

携行品損害特約とは

携行品損害特約とは、「被保険者(その配偶者、子ども、同居の親族などを含む)が外出先で携行している身の回り品に発生した偶然な事故による損害を補償する特約」です。

具体的なケースでは、以下のようなケースが想定されます。

・旅行先で階段から落ちてしまい、持っていたデジカメが壊れてしまった
・帰宅していた際、後ろから走ってきたバイクに、現金3万円入りの財布が入っていたバッグをひったくられてしまった

なお、定期券や有価証券、クレジットカード、1個または1組の価額が30万円を超える貴金属や美術品、自転車、サーフボード、携帯電話、ノートパソコン、眼鏡などは「携行品」には含まれません。

また、
「現金の場合は上限が5万円」
「補償を受ける場合には自己負担金として1万円が必要」
などの条件もあります。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。