地震保険の加入中 - 保険相談 見直し.jp - 山梨

HOME > 目的別保険相談 > 地震の警戒宣言が出ていると、地震保険の契約が制限されると聞きました。その理由を教えてください。

地震保険の加入中

地震の警戒宣言が出ていると、地震保険の契約が制限されると聞きました。その理由を教えてください。

2019年06月20日

【ご相談事例】

地震の警戒宣言が出ていると、地震保険の契約が制限されると聞きました。その理由を教えてください。また、その場合には、地震保険の契約更新もできなくなるのですか。

【ご回答】

地震の警戒宣言が出されてから地震保険の新規契約を認めると、警戒宣言が出されるまで地震保険に加入しないという人が増え、地震保険が「備え」としての機能を喪失してしまうほか、事前に地震保険に加入している契約者との間で不公平が生じてしまいます。

そのため、警戒宣言が出されてからは地震保険の新規契約と、既存契約の保険金額の増額を認めていません。

ただし、既存契約の契約更新については、「保険金額が同額以下であれば可能」となります。

現在地震保険に加入しているようでしたら、更新契約は可能ですのでご安心ください。

なお、「警戒宣言」とは、大規模地震対策特別措置法にもとづく警戒宣言のことで、内閣総理大臣が気象庁長官から地震予知情報の報告を受け、地震防災応急対策を実施する緊急の必要があると認めるときに発せられます。

また、警戒宣言が発せられるのは現時点で「東海地震に係る地震防災対策強化地域」で、静岡県全域と、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県の一部などの地域です。

地震の予知は大変難しいといわれていますので、万一に備えるためにも、あらかじめ地震保険へ加入しておきましょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。