がん保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 山梨

HOME > 目的別保険相談 > がん保険と医療保険を検討しているのですが、両方入るべきでしょうか。

がん保険の新規加入

がん保険と医療保険を検討しているのですが、両方入るべきでしょうか。

2019年12月20日

【ご相談事例】

がんに備えて保障を充実させたいと考えています。
がん保険と医療保険を検討しているのですが、両方入るべきでしょうか。
また、それぞれの違いを教えてください。

【ご回答】

がん保険は、悪性新生物・上皮内新生物といった「がん」の保障に特化した保険で、主な保障内容は、「診断給付金」「入院給付金」「手術給付金」「通院給付金」です。

一方、医療保険も主な保障は「入院給付金」「手術給付金」「通院給付金」で、がんも補償の対象にしています。

そのため、「がん保険」もしくは「医療保険」に加入していれば、がんによる入院や手術などに備えることができます。

ただし、「がん保険」と「医療保険」では、以下の点が大きく異なります。

■対象にしている疾病

がん保険はがんに限定されますが、医療保険はがんだけでなくケガや病気を広くカバーできます

■入院給付金の支払限日数

がん保険はほとんどの場合無制限ですが、医療保険は「1入院あたり60日・90日」「通算で1000日」など支払限度日数が設定されているのが一般的です

■免責期間

がん保険はほとんどの場合「契約から90日間免責」などの免責期間が設定されていますが、医療保険はほとんどの場合ありません。

このように、がん保険と医療保険は全く違う保険です。

リスクを手厚くカバーしたい方は両方入るといいかもしれませんが、がんに関する保障を充実させたい方はがん保険を、ケガや病気のリスクを幅広くカバーしたい方は医療保険を中心に検討するといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

がん保険の相談事例

医療保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。