生命保険の加入中 - 保険相談 見直し.jp - 山梨

HOME > 目的別保険相談 > 保険会社から転換契約を勧められました。転換契約を行う際の注意点を教えてください。

生命保険の加入中

保険会社から転換契約を勧められました。転換契約を行う際の注意点を教えてください。

2017年03月06日

【ご相談事例】

保険会社から転換契約を勧められました。
転換契約を行う際の注意点を教えてください。

【ご回答】

生命保険の「転換契約」とは、それまで契約していた生命保険を解約し、解約時に受け取った返戻金を使って、新たな生命保険を契約する方法のことです。

生命保険の転換契約は解約返戻金を下取りして新たな保険契約を締結するため、契約年齢が高くても、月々の保険料負担が軽くなるなどのメリットがあります。

加入から長く見直しを行っていない契約の場合、保障内容が現在の生活にマッチしていない可能性がありますし、より保障の充実した保険が発売されている可能性もあります。

結婚やお子さんの誕生などを機に新たな保険契約を検討する場合、転換契約は有効な方法のひとつといえるでしょう。

ただし、転換契約がすべての人にメリットがあるわけではありません。

たとえば、バブル期に加入した終身保険は当時の高い運用利率で設定されており「お宝保険」などと呼ばれることもあります。

こうした生命保険を今の保険に転換してしまうと運用利率が下がってしまうため、結果的に損をする可能性があります。

生命保険の「転換契約」を勧められた場合は、転換前の保険契約をよく確認した上でご検討ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ