生命保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 山梨

HOME > 目的別保険相談 > 低金利の今は貯蓄性のある養老保険は魅力がないといわれました。入らないほうがいいでしょうか?

生命保険の新規加入

低金利の今は貯蓄性のある養老保険は魅力がないといわれました。入らないほうがいいでしょうか?

2018年06月14日

【ご相談事例】

低金利の今は、貯蓄性のある養老保険は魅力がないといわれました。
契約を考えていたのですが、入らないほうがいいでしょうか。

【ご回答】

養老保険は貯蓄型の生命保険のひとつで、毎月の保険料を「積み立て貯金」のように積み立てながら死亡保障が準備できる魅力的な保険です。

また、満期時には死亡保険金と同額の満期保険金が支払われるような設計になっており、貯蓄性が高いことから養老保険を選ぶ方も多いようです。

ただし、低金利の今では貯蓄性が低くなってしまい、以前のような魅力はなくなりました。

また、満期時に受け取る「満期保険金(満期給付金)」の額が、支払った保険料よりも少なくなる(元本割れする)ケースも多く、貯蓄のみを目的にしている人は、養老保険は適さないかもしれません。

その一方で、契約期間中は一定の死亡保障があるため、「貯蓄を兼ねて保障を充実させたい」と考えている方にとって、養老保険はとても魅力的な商品です。

また、毎月決まった額の保険料を積み立てるので、「貯金が苦手…」という方は、養老保険を上手に利用すると資産形成にも役立ちます。

養老保険の満期は60歳に設定することもできるので、退職後の生活資金を確保するためにも利用できます。

それぞれの目的に応じて、養老保険を検討するといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。