火災保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.jp - 山梨

HOME > 目的別保険相談 > 先日、突風で屋根が損害を受け、火災保険で修理費用を補償してもらいました。その際、「残存物取片づけ費用」として保険金が支払われていたのですが、なぜ支払われたのでしょうか。

火災保険の保険金請求

先日、突風で屋根が損害を受け、火災保険で修理費用を補償してもらいました。その際、「残存物取片づけ費用」として保険金が支払われていたのですが、なぜ支払われたのでしょうか。

2021年10月21日

【ご相談事例】

先日、突風で屋根が損害を受け、火災保険で修理費用を補償してもらいました。その際、保険会社から「残存物取片づけ費用」として保険金が支払われていたのですが、なぜ支払われたのでしょうか。

【ご回答】

残存物取片づけ費用保険金とは、火災保険から損害保険金が支払われる場合、損害を受けた保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用について支払われる保険金です。

具体的には、「火災で燃えた家屋の残骸や家財の処分費用・取りこわし費用・取片づけ清掃費用・搬出費用」などが該当します。

今回、突風により屋根が損害を受けたとのことですので、傷んだ屋根や瓦の処分費用など、修理の際に発生した片付け費用として保険金が支払われたことになります。

残存物取片づけ費用保険金の保険金額については、保険の契約内容によって異なり、「損害保険金の10%を上限に、100万円まで支払う」などと決まっています。
不明な点があるようでしたら、保険会社に確認をしてみるといいでしょう。

なお、残存物取片づけ費用保険金は、保険の対象となる建物や家財が損害を受けた際に発生する諸費用等を補償する「費用保険金」のひとつで、費用保険金には、「臨時費用保険金」、「失火見舞費用保険金」「地震火災費用保険金」などがあります。

※本記事は、記事作成日時点での情報です。
最新の情報とは異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。