火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 山梨

HOME > 目的別保険相談 > 火災保険にも通販型があるのですか?代理店経由で加入するのと、どちらが有利でしょうか?

火災保険の新規加入

火災保険にも通販型があるのですか?代理店経由で加入するのと、どちらが有利でしょうか?

2018年07月10日

【ご相談事例】

火災保険にも自動車保険同様に通販型があるのですか。
また、これまで代理店経由で加入していましたが、どちらのほうが有利でしょうか。

【ご回答】

自動車保険にはインターネットなどで保険が申し込める通販型の保険があります。

しかし、火災保険は一部の保険会社が通販型の保険を販売しているようですが、保険代理店などを経由した販売がほとんどです。

また、インターネットで申し込める火災保険の場合でも、申し込めるのが一戸建て住宅や分譲マンションに限定しているケースもあり、賃貸マンションや法人所有の店舗併用住宅、事務所、別荘、空き家などは取り扱いの対象外になっています。

そのため、火災保険に通販で加入するケースは、かなり限られてしまうと考えられます。

こうした前提で、代理店経由で加入するケースと通販型の火災保険に加入するケースを比較してみます。

まず、保険料だけを単純に比較すると、通販型の火災保険のほうが安くなる可能性があります。

しかし、火災保険はさまざまな補償を組み合わせており、単純に保険料だけで比較できません。

また、
「分譲マンションの上層階は水害のリスクが低い」
「海や川が近い場合には高潮や洪水のリスクが高い」
「分譲マンションなので、給排水トラブルへの備えが必要」
など、建物の種類や所在地によって補償の必要性が異なります。

そのため、火災保険のことをよく知らない方は、保険代理店に相談しながらリスクに応じた補償を用意してもらったほうがメリットが大きいと思います。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。