火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 山梨

HOME > 目的別保険相談 > 火災保険が安くなる「省令準耐火物」について教えて下さい

火災保険の新規加入

火災保険が安くなる「省令準耐火物」について教えて下さい

2022年07月28日

【ご相談事例】

火災保険が安くなる「省令準耐火物」について教えて下さい

【ご回答】

省令準耐火物とは、独立行政法人住宅金融支援機構の定める耐火性能を有する建物をいい、建築基準法に定める準耐火構造に準ずる性能を有した建物です。

省令準耐火物と確認できた建物は木造であっても構造級別のランクがひとつ上がって保険料率が安くなります

確認方法としては以下の方法を用います。

1.住宅のパンフレットや設計仕様書、設計図面等に省令準耐火構造であると確認ができるもの

2.枠組壁工法(ツーバイフォー工法)の建物で、事前に住宅金融支援機構枠組壁工法住宅工事共通仕様書の「省令準耐火構造の住宅の仕様」の項に適合する建物

3.木質系プレハブ等の建物で、事前に住宅金融支援機構の承認を得た建物。「プレハブ便覧」の「住宅の名称」に「省令準耐火型」と記載のあるもの

4.木造軸組工法の建物で、住宅金融支援機構の承認を得た「木造軸組工法による省令準耐火構造の住宅特記仕様書(社団法人日本木造住宅産業協会仕様)に適合する物

5.確認資料がない場合は施工業者等に証明を依頼します。

※本記事は、記事作成日時点での情報です。
最新の情報とは異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。