火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 山梨

HOME > 目的別保険相談 > 山梨県で店舗併用住宅を建てようと思っていますがどんな保険を準備すればいいですか?

火災保険の新規加入

山梨県で店舗併用住宅を建てようと思っていますがどんな保険を準備すればいいですか?

2011年10月28日

【ご質問】

山梨県で店舗併用住宅を建てようと思っていますが、
どんな保険を準備すればいいですか?

【ご回答】

新築のご予定ですね。まずはおめでとうございます!!

一つの建物で住居部分と店舗部分がある場合、店舗併用住宅と言います。

このケースでまず一番に思い浮かぶのが火災保険と地震保険です。

店舗併用住宅ですと一般物件という種類に該当します。

保険料を算出する際に最低限必要になる情報は

職種(居酒屋や美容院など)、

建物の平米、

柱の材質(鉄骨や木造や鉄筋コンクリートなど)、

家財(住居部分にある生活用品、テレビや冷蔵庫、衣類等)の総額、

※分からない場合はお住まいの人数

設備什器(お店で使う仕事の道具、業務用冷蔵庫や食器など)の総額、

などの基本情報が必要になります。

ご質問にあるどのような保険が必要になるかですが、

一言で表現すると

「人それぞれ必要な保険は変わります」

となります。

少し具体的にあげますと、

一般的には金融機関で融資を受けられて建てる場合は

お金を借りた方が団信(団体信用生命保険)に加入されるので

あってはならないのですが仮に団信加入者が死亡または

重度の後遺障害になられた場合などは建物のローン残債は完済され

建物は残りますが、あくまでも世帯主(借主)様だけが対象になります

ので、御夫婦で自営業の場合、奥様に何かあった場合の生命保険を

同等にかけておく必要があります。

何故かと言いますと奥様に万が一のことがあっても

ローンの返済は止まりませんし、子供さんが小さいと一人で世話をしながら

仕事の量を減らさず(自営業は収入減に直結しますので)働かねばなりません。

さらに自営業ですと、病気やけがなどで就労出来なくなった場合

即無収入となるケースがほとんどですので所得補償保険などの準備も

必要になる場合もあります。

しかし、資産や預貯金があったり、奥様が違う仕事をなされていたり、

子供さんが既に独立されていたり、とそれぞれに状況は違いますので

本当に必要な保険と言うのは、それぞれにあるのです。

ちなみに当店での保険加入いただく場合ですと、

すぐに契約は出来ません。(笑)

私どもがお客様の家族の一人になりきって本当に必要な

無駄と無理のない(払い続けなければ無意味ですしそれこそモッタイナイ!)

ご提案をさせていただくのに徹底して話をお聞きします。

私もプロフィールなどで全てをお見せしておりますので

私どもを信頼していただける方であれば

どんどんご相談ください!!!

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ