その他の保険について - 保険相談 見直し.jp - 山梨

HOME > 目的別保険相談 > 自転車保険(個人賠償責任保険)に入る際のポイントを教えてください。

その他の保険について

自転車保険(個人賠償責任保険)に入る際のポイントを教えてください。

2011年12月04日

【ご質問】

自転車保険(個人賠償責任保険)に入る際のポイントを教えてください。

【ご回答】

自転車事故に限らず、他人の生命もしくは身体を害したり他人の財物を

滅失、破損、汚損することにより、法律上の賠償責任を負った場合に支払われる保険が

個人賠償責任保険です。

一般的にこの保険に交通傷害保険(交通事故や交通用具を用いた事故でのケガの補償)

などをセットしたものを自転車保険と総称しているものが多いようです。

個人賠償責任保険は名前の通り個人の賠償保険ですので、

仕事上での事故や自動車事故による賠償責任事故などはこの保険ではみることはできません。

(こちらが車ではダメという意味です。こちらが車の場合は自動車保険でしか見れません。相手が車でこちらが自転車や歩いているときの事故は大丈夫です。)

ご質問にあります入る際のポイントですが、私が入るとすればというスタンスでのお答ですが

ズバリ、「示談代行付き」かどうかです

ここがこの保険の大きなポイントだと私は思います。

理由は、保険というものは事故の際に補償の範囲でお支払いをするものですが、

お支払いをするまでに、お相手様との交渉事など様々な事があります。

例:当方が自転車で歩道を走行中、前を歩いている人とぶつかり大けがをさせてしまった:

通常このケースですとお相手様の過失は0、当方100%となります。

この際に手配すること。(ざっと一例です)

お相手様の病院の手配

お相手様の治療費の支払い

お相手様の病院への通院交通費

お相手様との慰謝料などの交渉

お相手様の事故時に壊れた物などの弁済

示談交渉付きでなければ

基本的にはすべてご自身で行わなければなりません。

※アドバイスはしてくれます※

もちろん示談代行付きであっても

人として誠心誠意謝罪をして、お見舞いしなければなりませんが、

通常の生活をしながら、上記の事をお相手様とするのは

到底無理だと私は思いますので、 「示談代行付き」

を強くお勧めします。

尚、甲斐保険事務所でお勧めするのは当たり前ですが

「示談代行付き、国内無制限、海外1億円」

これに、日常生活で使える「弁護士費用特約」

を自動車保険や火災保険とセットして販売しています。

保険は入口だけ(値段)で決めてはいけません。

出口(支払い額や支払われる範囲)、そして、出口への向かい方もしっかりと確認してください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

その他の保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ