目的別保険相談 - 保険相談 見直し.jp - 山梨

HOME > 目的別保険相談 > 車両保険に免責金額5万円設定。先日、駐車場で壁にぶつけてしまい、車の修理代が6万円になりました。保険を使って直さないほうがいい?

目的別保険相談

車両保険に免責金額5万円設定。先日、駐車場で壁にぶつけてしまい、車の修理代が6万円になりました。保険を使って直さないほうがいい?

2017年10月24日

【ご相談事例】

車両保険に免責金額5万円が設定されています。先日、駐車場で壁にぶつけてしまい、自分の車の修理代が6万円になりました。保険を使って直さないほうがいいと友人から言われたのですが、なぜなのでしょうか。

【ご回答】

免責金額とは契約者が自腹で負担する金額のことで、ご質問いただいたケースでは免責金額5万円が設定されていますので、車両保険を使う場合には5万円を負担しなければなりません。

その際の修理代金が6万円ですので、車両保険で負担してもらえるのは1万円ということになります。

すると、車両保険を使って車を直した場合には、等級が下がるため翌年からの自動車保険の保険料が上がってしまい、将来増える自動車保険の負担額が1万円を上回ると考えられます。

そのため車両保険を使わないで直したほうがいいということになります。

また、ご質問いただいたケースは車庫入れなどでぶつけてしまった自損事故と思われますが、相手がいる事故ですでに対物賠償保険や対人賠償保険を利用している場合には、その時点で等級が下がってしまうため、車両保険を使ったほうがいいと思われます。

ちなみに、盗難やいたずらなどで車に損害が生じて車両保険を利用した場合には「1等級ダウン事故」、電柱などにぶつかって生じた損害で車両保険を利用した場合には「3等級ダウン事故」になります。

車両保険を使ったほうがいいのか判断する場合には、その損害額と事故の状況に応じて決めるといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

自動車保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。