目的別保険相談 - 保険相談 見直し.jp - 山梨

HOME > 目的別保険相談 > ドライブレコーダーは事故時の過失割合決定の為の証拠(裁判材料)となり得ますか?

目的別保険相談

ドライブレコーダーは事故時の過失割合決定の為の証拠(裁判材料)となり得ますか?

2011年11月26日

【ご質問】

ドライブレコーダーは事故時の過失割合決定の為の証拠(裁判材料)となり得ますか?

【ご回答】

当社のお客様の事故例でも相手側の主張と当方の主張が正反対

(例:お互いが相手が信号無視をして突っ込んできた等)

になる場合があります。

その場合は事故現場で第3者の目撃者が警察の現場検証時などに

証言をしてもらうのが一番良いのですが、深夜の事故などで当事者しかいない場所での

事故などは中々納得のいく過失割合には至らないのが現状です。

そこでご相談内容にありますドライブレコーダーで証拠になるかということですが、

ドライブレコーダーでの記録は、内容をいじることが出来るものもあるそうです。

(そんなことをする人はめったにいないそうですが...)

ついては、「決定的な」証拠資料とはなり得ないけれども、

裁判時の「参考資料」にはなるというお答になります。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

自動車保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。